前へ
次へ

家族葬は良いなと思いました

葬儀に参列したことは何度かありましたが、自分が執り行う立場になったことはありませんでした。
そのうち喪主として執り行う日がやって来るということは、頭の片隅にはありましたが、思っているよりも早くそのタイミングがやって来てしまい、特に準備もしていなかったので慌てました。
規模は小さくて良いと故人が言っていたこともあり、家族で話し合った結果家族葬にすることにしました。
家族葬には参列したこともなかったので、どんな内容か不安もありましたが、規模の小さな葬儀を専門としている業者に問い合わせてみたところ、丁寧に対応してもらえたし、一般葬よりも金銭面の負担も大幅に軽減しそうだなと感じました。
規模が小さい分、決めることも最低限で良かったし、家族と身近な人のみで執り行うつもりだったので、見栄を張って祭壇をランクアップさせる必要もなかったのも良かったかなと思っています。
家族葬にするという知らせが行き届いていない人がいたのか、当日やって来る人も数人はいましたが、そういった人がやって来る可能性に関しても業者の人が事前に教えてくれていたので、きちんと対応することができて良かったです。

特殊作業を行っておくことも大事
遺品整理前にきちんと行っておきましょう

あまり面識がない人がやって来ることもないし、挨拶など対応で頭がいっぱいになることもなく、本当に最後の時間をゆっくりと過ごすことができました。
アットホームな雰囲気の中で執り行えたことで、しっかりと見送ろうと気持ちの整理をつけることもできたので良かったです。
葬儀に参列したかったという人と後々トラブルにならないためにも、後日改めて偲ぶ会やお別れ会を開催することにしました。
偲ぶ会は会費制にしたので、参列者も香典のように金額で悩まなくて良いし、自分たちの負担も最低限にできるので良いスタイルだなと感じました。
葬儀ほどしんみりした雰囲気にならないのも良いし、葬儀のようにバタバタする必要がなく、きちんと参列者をもてなす準備ができるというのも良い点だなと思います。

Page Top